解体工事の流れ

電話

①電話かFAXかメールフォームにてご連絡ください。

先ずは当社までご連絡ください。何か分からない点などあれば、何でもお聞き下さい。 お見積りをご希望の方は、 今後の流れについてご説明致します。 細かいお見積は、現地にお伺いしてからではないとお出し出来ませんので、 お電話にて、現場調査が可能な日程をすり合わせましょう。
矢印
現場調査・お見積り

②現場調査・お見積り

現場調査をすることで、適正な費用を算出することができます。 特に『建物の延床面積』『建物の構造』『乗り入れ可能なトラック』 『外構、植栽の有無、規模』『養生シートの種類、面積』 などを把握します。 また、可能な限りお客様もお立会いください。建物内部を見せて頂けるとより見積もりやすくなるのと、 後々のトラブル(壊さない物を壊してしまったり)などがないように、お打合せしましょう。
矢印
お見積書の提出

③お見積書の提出

現地調査で拝見した内容を元にお見積書を作成し、ご提出いたします。 当社へお任せ頂けることが決まりましたら、お打合せ通りのスケジュールで着工となります。
矢印
各自治体へ必要書類の提出

④各自治体へ必要書類の提出

建設リサイクル法などに対応した書類を提出いたします。 建設リサイクル法とは建物解体により生じた産業廃棄物の分別リサイクル(再資源化) を促進するために定められた法律で解体する建築物の延べ床面積が80㎡を超える場合 には届出が義務付けられています。こちらは全て当社で請け負います。
矢印
近隣ご挨拶

⑤近隣ご挨拶

事前に近隣の皆様にご挨拶・説明をし、ご納得をしていただき、円滑に工事を行えるようにします。 実際に解体工事が始まると、 どれだけ注意を払って工事をしても、近隣の皆様にはご迷惑をお掛けすることになります。
矢印
引込配管、配線の撤去の手配

⑥引込配管、配線の撤去の手配

ガス、電気などがつながったまま工事を行うと大変危険です。 そのため、ガス、電気、上下水道、電話の引込配管、配線の撤去の手配をいたします。 手配方法に関してはお客様とお打ち合わせで決めたいと思います。
矢印
着工

⑦着工

解体工事期間中は現場の作業環境や状況により万全の対応を行います。
騒音対策:防音シート・防音パネル養生・低騒音型重機使用
振動対策:余剰負荷をかけない操作・重機低速走行
防塵対策:みずまき・防炎シート
安全対策:毎日の危険予知活動・安全帯使用・ガードマン確保
矢印
搬出

⑧搬出

解体工事をが完了しましたら、発生した産業廃棄物を分別し中間処理施設へ搬出します。 また、地面を平らに整地します。駐車場にする場合は砕石などを敷いたり、 アスファルト塗装を施します。可能であれば残存物がないか、お客様もお立会いください。
矢印
マニフェストの提出

⑨マニフェストの提出

マニフェストとは産業廃棄物の不法投棄を防ぐために、 解体工事現場から出た産業廃棄物がどのように処理されたのかを書類にしておくもので、 5年間の保管が義務付けられています。 これもお客様の元所有物から発生するトラブルなどを防ぐものです。 工事終了後に、提出いたします。 以上で、解体工事の一連の流れは終了です。
お気軽にお電話ください!